トップイメージ

自己破産の手続きをすると周囲に明らかになってしまったら一生の恥になってしまうといった具合に心配に真剣に思っている読者もいらっしゃるかもしれませんが自己破産の申立てを行っても司法機関から勤め先に電話がすぐにいってしまうことはまず考えられないので、一般的な場合であれば気付かれてしまうということはないでしょう。モバコイ

また、ごく普通の状況ならば自己破産による債務整理の申込をした後であれば借りたところから会社の同僚に催促の手紙が送られることもないでしょう。ほうれい線解消

一方で、自己破産による債務整理の申立てを司法機関に対して行うまでの間であれば借りた会社から会社の同僚に書類が送られることもあり得ますからそれが引き金となって秘密が明らかになってしまう可能性が十分に考えられますし、給与の仮押えを実行されてしまうと当然、会社の上司にばれてしまうという結果になってしまうことは避けられません。http://www.world-hit.com/gunpatu_toha/

かかる心配があるのであれば司法書士や民法の弁護士などに破産申立ての依頼をするというようなことをひとまず考えてみるのがよいでしょう。

専門の司法書士や弁護士などに委任をするケースであれば直ちに借入先に受任したことを知らせる書面が送られますが、この書類が届いたのちは貸し手が債務者自身に対して返済の督促を返済の催促をしてしまうことは違法とされているので、会社の上司に発覚してしまうこともひとまずはありません。

加えて、破産が原因で今の勤務先を辞さなければならなくなってしまうのか、ですが、戸籍謄本または免許証に烙印をおされてしまうという事態はありませんから、普通の場合ならば自分の同僚にばれるといったことはないでしょう。

例え、自己破産の手続きをしたことが勤め先に気付かれてしまったからといって自己破産というものを事由に役職から辞めさせることはあり得ませんし、職を辞す必然性もありません。

しかし自己破産の申告が会社の上司に秘密が明らかになってしまうことで、オフィスに居づらくなって自主的に辞めてしまうという事例があるというのも一方では事実と言えます。

月収の押収においては、強制執行等の規則を定める民事執行法内で差押禁止債権という取り決めの中で給料あるいは賃金といったものを設定されており、それらの金に関しては25%以下までしか差押を認めていません。

ですからそれ以外の75%に関しては没収をするなどということは法律的に許されていません。

加えて、民事執行法の中で一般的な一個人の最低ラインの生活費を算出して政府の発令で目安となる額(33万円)を定めているのでそれより下は25%にあたる金額しか没収できないように設定されています。

よって破産者がその金額以上の月収を取得している場合はその金額以上の給料を全て差押えるのが可能です。

ただ、自己破産について定められた法律の変更により債務返済に対する免責許可の申立てがあり、自己破産申請と同時に免責が決まる同時破産廃止などの処分が認められ、破産手続きの妥結が決定されていれば、借財の免責が認められ、確実になるまでの間は破産を希望する人の財貨について強制執行や仮差押え・仮処分などというものができなくなりこれ以前に執り行われた仮処分に関してもストップされるように変えられたのです。

さらには、免責の認定が確定、決定したケースにおいては過去に行われていた差押えなどは効き目を失するのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ysbarmusic.com All Rights Reserved.