トップイメージ

株式の投資スタイルは細かい点は個々人ごとに異なりますが、大きく短期スタイルと長期スタイルの2つに分けることができます。メルラインに 効果 ニキビ

短期スタイルは、スキャルピングなど一日のうちに何度も取引を行うデイトレードや数日から2週間程度の期間で取引を行うスイングトレードなどが該当します。亀頭包皮炎

一方、長期スタイルは最低でも数ヶ月、長い場合には10年以上も同じ株を保有しているようなトレード方法が該当します。黒汁 お試し

どちらのスタイルにもメリット・デメリットが存在しているため、どちらを選択するかは本人の投資に対する姿勢や資産状況などから判断することになります。

簡単に両スタイルの特徴をみていくと、短期スタイルは一般的に東証二部やJASDAQなど値動きの荒い銘柄を扱いハイリスク・ハイリターンの取引を行うケースが多く、長期スタイルは東証一部でかつ業績の安定した銘柄を扱い株式の値動きで利益を出すのではなく配当金で利益を得る取引となる場合が多くみられます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ysbarmusic.com All Rights Reserved.