トップイメージ

書籍の宣伝、スポーツ紙、街角にあるチラシやDMで、「負債の合理化任せてください」「多重借金をまとめたくありませんか」と書かれた売り言葉を見ることがあります。

これらは、「整頓業者」「買取業者」「紹介人」という名の悪徳業者の広告のときがあるのです。

こういったものを利用した際には破産申請フローの中で免責承認を手に入れられなくなるリスクがありえます。

「整理屋」は、ビラなどで借金のある人を寄せ集め、相当なサービス料を受けて債務整理を行うのですが、本当は整頓はされず、負債人は借金スパイラルに落ちる失敗がすべてと言ってよいでしょう。

「買取専門屋」とはクレジットで、電化用品、電車の利用チケットを限界まで買わせて依頼者から品々を値段の1割から額面半額で買い上げるという方法が主です。

依頼者は短期にはお金が得られますが、いずれクレジット業者経由の商品価格の全額の請求が届くことになり、本当は負債を上乗せすることになってしまいます。

この場合、クレジットカード業者に対する犯罪として免責判定を受けられなくなります。

「紹介屋」というのは消費者金融から断られるようになった借金者に対して融通は全くせずに、提供を受けられる関係無い貸し手を知らせ、高すぎる経費をもらう業者です。

紹介者は高度な経由でお金を貸し出しが受けられたという口調で話しますが、現実は何もしないでただ単に選考の緩やかな店を分かっているということなのです。

このケースだと実際は負債を重ねる結果に終わります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ysbarmusic.com All Rights Reserved.